--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理人渉夢からのお知らせ
このブログは2008/1/21に本館ブログ(明日への扉)と統合し、このブログの記事は全て本館ブログへと移動させました。これからは本館ブログにて更新していきますので、ブックマークされている方はhttp://ayumu777.blog36.fc2.com/へ変更お願いします。

2007-02-09(Fri)

有声音化

いきなりですが、問題です
下の単語読めますか?


고기


「コキ」と読んだ方、間違いではありません
一文字づつ読めば「コキ」です。

しかし、上の単語は「肉」と言う意味の単語で、実際は「コギ」と読みます。
「プルコギ(焼肉)」の「コギ」です

では、どうして"기"が濁音化したのでしょうか?

それは

語中や語尾(つまり、語頭以外)にあるᄀ(k)・ᄃ(t)・ᄇ(p)・ᄌ(ch)は有声音化(日本語で言う濁音化)して(g)・(d)・(b)・(j)に変化する。

という法則があるからです。
(厳密に言うとこの法則にはもっと細かい説明が必要なのですが、今の段階では敢えて簡潔にしておきます)



韓国ドラマを見た事がある方はお気づきかも知れませんが、例えば冬のソナタでペ・ヨンジュン演じる『チュンサン』はフルネームで呼んだ時は『カン ジュンサン』となります。
これは"チュ"に当たる部分の"주"が語中に来る事で有声音化される為です。

しかし、語中でも、区切って読むと有声音化しません。

フルネームで呼ぼうとしたけれど、姓を呼んだところで名前がすぐには思いつかなかった時・・・
「カン・・・([心の声]あれ?下の名前何だったけ?・・・あ!そうだ!)チュンサン!」
と、なります。

ちょっとややこしいですが、あまり神経質になって考える必要はないと思います。

日本語では清音・濁音・半濁音・促音などと分類されますが、韓国語の発音は平音・激音・濃音の3つに分類されます。
濃音はまだ出てきていないので今回の説明からは省きますが、日本人が韓国語の平音のᄀᄃᄇと激音のᄏᄐᄑを聞き分ける事が難しいように、韓国人にとっては日本語の清音と濁音を聞き分ける事が難しいようです。
韓国語には清音と濁音の区別がないからです。
つまり、日本人にとって「カ」と「ガ」が全く違う音でも、韓国人には同じ音だと認識されます。
『金閣寺(きんかくじ)』と『銀閣寺(ぎんかくじ)』は韓国人には同じ発音に聞こえるそうです
そして、韓国語では語頭に濁音が来る事がない為、日本語を話す韓国人でも語頭の濁音の発音を苦手とし、「頑張ってください」が「かんぱってください」と発音されたりするのを聞きます。

しかし、いくら韓国語には清音と濁音の区別がないとは言っても、語頭以外のᄀᄃᄇᄌは有声音化するという事はルールですので、覚えて下さいね

因みに・・・
日本人にとっては韓国語の有声音は濁音だと認識してしまいがちですが、これまた違うそうで、日本人が話す韓国語の中の濁音は、韓国人にとってはとても不快な音に聞こえる事もあるとか・・・。

韓国語って奥が深いですね・・・


もう一つ重要な事が・・・

前回紹介した激音の子音字『ᄎᄏᄐᄑᄒ』は語中でも語尾でも決して有声音化する事はありません。


下の単語を有声音や激音を意識しながら読んでみてください。

【例】보조키(合い鍵)・・・ポジョキ

아버지(父)

다치다(怪我をする)

여기(ここ)

지도(地図)

자기(自分)
スポンサーサイト
管理人渉夢からのお知らせ
このブログは2008/1/21に本館ブログ(明日への扉)と統合し、このブログの記事は全て本館ブログへと移動させました。これからは本館ブログにて更新していきますので、ブックマークされている方はhttp://ayumu777.blog36.fc2.com/へ変更お願いします。

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

なるほど!!名前にも適用されるんですね!
カ・タ・パ・チャですねv-14
あゆむさんに、説明とって分かりやすくて、理解できます。ありがとうございます。

아버지・・・aboji・・・アボジ

다치다・・・tajiDa・・・タジダ

여기・・・・ yogi・・・ヨギ

지도・・・・chido・・・チド

자기・・・・chagi・・・シャギ

かるびさんへ

다치다の치は激音の文字で有声音化しないので「タチダ」ですi-190
それと、자기は「チャギ」ですねi-265アルファベットの表記までは合っていますよi-206

激音は、語中に来てもそのままなんですね。
키티피もそのままっと言うことですねv-91

そして、またまたローマ字読み間違ってるし。。。v-40

かるびさんへ

そうですi-190激音はどの場所でも有声音化する事はありませんi-179
語中・語尾にあるᄀᄃᄇᄌのみが有声音化しますi-194

質問なんですが、韓国語の本に、食堂「식당」の당は、タンと書かれていました。
ダンではないのでしょうか…
韓国人の友達に聞くと、ダンと言われました。
他にも、空気は、コンギではなく、ゴンギだと…
単語としては、コンギで、文章の途中にあるとゴンギ?ときくと、そんな事はないと
言われました。よかったら、おしえてください!!!

ゆりさんへ

식당の発音は濃音化により식땅となります。

濃音化については↓をご覧ください(新ブログの方のリンクです)
http://ayumu777.blog36.fc2.com/blog-entry-400.html

韓国の国語辞典のサイトで確認すると、発音表記があったり、発音を音声で聞けたりするのでおすすめです。
http://krdic.naver.com/detail.nhn?docid=23660800

韓国語には日本のように『濁音』という概念がありません。
日本人にとって濁音に聞こえる韓国語の発音も、厳密に言うと日本語の濁音とは違うのです。

なので、공기はコンギでもありゴンギでもありゴンキでもあります。

濁音になるか?ならないか?よりも、平音なのか激音なのか濃音なのかが重要です。

↓のサイトに詳しく書かれてありますので、ご参考までにどうぞ^^
https://cyta.jp/korean/b/41385
BOOK
目からウロコの ハングル練習帳
八田 靖史
定価 ¥ 1,470
おすすめ平均:
私が一番最初に買った韓国語学習書籍です。 この本の素晴らしいところは、本当に3日でハングル文字を覚えられる事!楽しく楽に学習する事ができました♪これから韓国語を勉強を始める方にオススメします☆
朝鮮語辞典
小学館
定価 ¥ 8,159
おすすめ平均:
安い辞書をあれこれ買うよりも、これ一冊買った方が絶対使えます。収録語彙数も充分ですし、発音記号が記載されているので初心者で読みに自信が無い方にもオススメです!巻末付録も充実していて、発音の解説や用言の活用表などかなり使える付録になっています。
新刊
お知らせ
管理人渉夢からのお知らせ
このブログは2008/1/21に本館ブログ(明日への扉)と統合し、このブログの記事は全て本館ブログへと移動させました。これからは本館ブログにて更新していきますので、ブックマークされている方は変更お願いします。


LINK


渉夢の本館BLOG

韓ドラ
COMMENT
ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
TRACKBACK
RSS

track feed
美容整形 レーシック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。